いろいろな面から自分なりにサッカーをみようとしてるがなんとなく“ほぼ”バルセロナになっています。ソシオだからしょうがないのです、で何か問題でも?

2008年05月10日

バルセロナの来シーズン監督

シーズン終わりのこの時期に監督交代発表。シーズン終了後でよかったのではないかと思ってしまう。マドリーの敗戦、順位決定で発表、決定せざるを得なかったのかな。バルセロニスタを黙らせるために。

大方の予想通りにペップ・グァルディオラ監督。自分はミカエル・ラウドルップにアタックしてほしかったのですが、さすがにヘタフェの監督に就任したばっかりなので難しい、違約金もばかにならない。手元にいるグァルディオラ、安易だ・・・グァルディオラ監督は大歓迎ですが、副官は誰になるのか?そこが問題だ。

ライカールトはやりきれないだろう。残りの契約はあと2試合と来シーズンだった。2試合待って、解任の胸を伝えるべきだったようにも思う。残りの仕事はやっぱり見世物市(売りたい選手がスタメン候補)だろう。

グァルディオラには期待してしまう。クライフ監督のような、誰がどのポジションなのか明確にはわからないフットボールを期待したい。型にはまったようなフットボールは期待していません。いきなりタイトルなんぞも期待しちゃおりません。目先の勝利にこだわらない(無様に勝つことを恥と思ってほしい)、時間をかけてしっかりした土台をつくってほしい。フロントとファンはこだわるから、難しいが。特にフロント陣は待てない傾向にある。待てないのがこわい。

uefa.com
FCB
シティカード

それではまたです。
posted by とお at 04:43| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする