いろいろな面から自分なりにサッカーをみようとしてるがなんとなく“ほぼ”バルセロナになっています。ソシオだからしょうがないのです、で何か問題でも?

2008年05月27日

バルセロナの獲得選手

ビッグイヤーを会場に運ぶ大役は決勝の地ゆかりの人らしく、昨シーズンはギリシャのザゴラキス。今シーズン、ビッグイヤーを担いできた人は懐かしいリナト・ダサエフでした。レフ・ヤシン以来(たぶん)、ソ連が生んだ最強ゴールキーパーでした。EURO88で、ファン・バステンにスーパーボレーを決められちゃったゴールキーパーって、知ってるか・・・

で、バルサはそのダサエフが所属していたセビリアから、セイドゥ・ケイタを獲得。エジミウソンがヴィジャレアルに出て行ったのでその代わりに獲った感じ。来シーズンの監督ペップ・グァルディオラの意見は受け入れられているのかな?とちょっと心配。今はバルサBが2部B復帰をかけたプレーオフを戦っているからそれどころじゃないか。チキ・ベギリスタイン主導で獲得したようだけれど。監督は与えられたコマで、結果を残さねばならないからしょうがないから、しょうがないか・・・

uefa.comを見ていたら、また懐かしい名前が。バイエルン他で活躍していたブルーノ・ラバディアがレバークーゼンの監督に就任していた。バイエルンからどっかに移籍して、それ以来まったく見かけることはなかった、久しぶりに見る名前。現役時代を知っている選手がどんどん監督になっていくのはうれしいやら、悲しいやら?ブルーノラバディアって名前、やっぱりかっこいいな〜。

それではまたです。
posted by とお at 23:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする