いろいろな面から自分なりにサッカーをみようとしてるがなんとなく“ほぼ”バルセロナになっています。ソシオだからしょうがないのです、で何か問題でも?

2009年09月15日

09-10 Liga Getafe vs FCB

ヘタフェ対バルセロナ。

あのユニフォームの色は何色といえばいいのでしょう?
ピンクらしいけどピンクでいいのかしら?深ーいピンクかな。

アウェーのアルフォンソ・ペレスでは結構、苦戦している印象があるのは気のせいか?そんな印象もあり難しいゲームになるのかなと思っていましたが終わってみれば0-2で、ズラタンの体と力とテクニックが発揮されたゲーム。前半の超決定機、キーパーの誘いにのり(アルゼンチン人らしい)キャッチされたが、チャンスのつくり出し方がすごい。ほぼシュートを持っていくにはノーチャンスのボールのもらい方をしたのに体とテクニックで強引なワンタッチで見事に生み出した。「えっそこから?!」とあらためてスゴイと思わせるプレー。

イニエスタが復帰したのが大きなゲームでした。スタジアムでも拍手を受けていたはず。ちょっと残念だったのはカンテラ出身の2人。アウェーでのゲーム、ズラタンの両隣に並んだジェフレンとペドロ。せっかく出たのに消極的過ぎる。カンプノウだったら絶対に勝負にいくところ、ボールをさげてばっかり。「何やってるの?」と言わざる終えない。交代当然、ペップの交代はおそかったかも。前半の流れの悪さはこの2人に原因が・・・というかこの2人だ。勝負にいかないからつけこまれる、前半はじめに「サイドでボールを持ったら勝負します!」宣言してないから。最初にボールを持った時、アタックをかけていさえすれば、あんな前半にはならなかったし、彼らも気持ちよく交代できたと思う。

結局、メッシとイニエスタで流れを変えなくてはならなかったのが、残念。「カンプノウだったら、最初の3人で最後までいけたのでは?」とも思ってしまう。アウェーは難しい。

最後にイニエスタ。
3ヶ月公式戦から離れるとゲーム感が鈍るのはイニエスタもなんだ〜。あんなイニエスタ久しぶり。トラップしたところをつつかれて、何度もボールを獲られていた。あんな無防備なイニエスタ、なんか新鮮でした。

今日はブエルタ16ステージ。今日の展開もサイクリングかな?
とチャンピオンズ開幕なので、マルセイユ対ミランを見ます!

それではまたです。
タグ:Barcelona
posted by とお at 23:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする