いろいろな面から自分なりにサッカーをみようとしてるがなんとなく“ほぼ”バルセロナになっています。ソシオだからしょうがないのです、で何か問題でも?

2009年09月18日

09-10 CL INTER vs FCB

09-10チャンピオンズ開幕、インテル対バルセロナ

第1節にいきなり、当たるなんて・・・あっ、最終節は消化試合になる可能性大だわ。3、4節で当たってほしかった。つまらないゲームをみせられる可能性大だわ、バルセロナの元通訳さんに。ボールがつながってる最中なのに、監督の映像に切り替わるのはどうなんだろう?極力、ゲームを映すべきなのにな〜。誰もあんな映像を期待してないと思うんだけど。

このゲームのレフェリーは「フットボール知らないのか?」と思うほどパスコースに入ってくる。斜めに走るレフェリーの動きを忠実に守っているのはわかるけど、もっとパスコースを読みながら逃げてください。

で、ゲーム。
ピケは今シーズンも成長を続けている。ほとんどの攻撃がピケからはじまるよう。今シーズン、順調に経験を積めばマルケスのパス出しを超えてしまうのではないかと思ってしまう。

バルセロナはいつものようにボールをキープし、インテルは守ってカウンター(いつものあの人のチームだ)。まぁ、書くことはたいしてないので、インテルの若いイタリア人について。

インテルで昨シーズンから大ブレイクしたサントン。
このゲームを見て、サントンがディノ・バッジョとダブって見えた!もしかしたら、ディノ・バッジョクラスになれるのでは?デビューが同じよう。ディフェンダーから徐々にポジションを前に上げて、ワールドクラスに成長しそう。ディノ・バッジョもインテルではセンターバックやサイドバックだったし。コンバートが得意な監督だったら大化けしそうな雰囲気を持っている。

バロテッリよりサントンの方がワールドクラスの選手になると思ってしまった。

それではまたです。
タグ:Barcelona
posted by とお at 02:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする