いろいろな面から自分なりにサッカーをみようとしてるがなんとなく“ほぼ”バルセロナになっています。ソシオだからしょうがないのです、で何か問題でも?

2010年04月21日

CL INTER vs BARCELONA 試合4時間前

ゲーム開始まで4時間。チャンピオンズ準決勝第1戦インテル対バルセロナ。

昨年の11月からまったくここにきていなかった。
バルセロナが順調すぎて、おもしろくな・・・(エスパニョール戦はおもしろい)。

自分にはちょっとMっ気があるので(あるみたいなので)、こう順調だとちょいと不満がでてくるというか、逆境があってこそ、おもしろかったりするわけで。そんなことを思っていたら、アウェーを戦う上での逆境がアイスランドからきてしまいました。

バルセロナの選手達は18日の昼にバルセロナからミラノへ向けてバスで出発し、途中カンヌで一泊。再びバスで、ミラノに到着。1,000キロ、ほぼ1日かけてミラノへ。下部リーグの選手達なら日常茶飯事なのかもしれないが、トップ選手で過密日程となると疲労は計り知れない。最高のパフォーマンス90分披露するのは無理だと思う。

インテル陣営が「今日のバルセロナは疲れている」と考えてくれたら、面白いゲームになる。インテルが色気を出して、攻めに人数をさけば面白いことになる。まぁ、ウ○コのかたそうな通訳監督モウなんとかのことだからゴール前を固めてカウンターを徹底させてくると思う。そこでインテルの選手の中に監督の意図を100%実行しないやつがいれば本当に面白くなる。

そういえばバルセロナからこのゲームのツアー情報がきていたけど中止になったかな?「ミラノ日帰りツアー」。

今シーズンのクラシコ2試合とチャンピオンズのゲームについては書きたいと思います。

それではまたです。
posted by とお at 01:17| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。


以前から、バルセロナの練習メニューなどのレポを
面白く読ませていただいていました。
自分はリバウドがいた頃からしか知らないのですが、
ライカールト監督のバルサに衝撃を受けて、
以来バルサが好きになった者です。


ところで、W杯はどのようにご覧になりましたか?

自分はどうも釈然としないものがあって、
(カシージャスやイニエスタが喜んでいたのは良かったですが)
点取れない病のときのバルサみたいだなあと思いながら
観ていたのですが、どうご覧になったでしょうか。


自分はいま周りにサッカーを話せる友人がいないもので、
(TVや雑誌の解説はアレですし)サッカーを見慣れた他人の意見を
聞ければと思いコメントさせていただきました。


スパムに埋没しないことを祈りつつ・・・
Posted by Mikami Y. at 2010年07月12日 20:03
Mikami Y.さん
コメントありがとうございます。
スパムに埋没させませんよ!
久々に見たらコメントがあったので食いつきました。

ワールドカップはイライラしながら見ましたよ。
スペインしかソウゾウのフットボールをしてなかった。ほとんどのチームが破壊することしか考えてない。破壊するチームから点を取るのは難しいですよ。

オランダなんかオレンジを着たドイツ(昔の)だと思いました。あんなのオランダじゃないですよ。がっかりしました。1点取ったら、攻めないってどう思います?ボールキープを放棄するのもわからない。僕は信じられません。
なんかオランダに対するイライラで、とまらなくなって酷いことを書いちゃいそうなのでこの辺で。。。

近いうち整理して書きます。ぜひ読んでください、そしてコメントくださいね。
Posted by とお at 2010年07月13日 01:34
こんにちは。Mikamiです。


リプライを読んでまず思ったのが、「あー、良かったー。」でした。
W杯期間中に「W杯 つまらない」でGoole検索したのですが、
サッカー関係者はもとより年季の入ったファンの方々も
あまりそういう発言をしてなかったので、
(唯一ルーニーが「つまらないW杯だ」と言っていたらしいですが。。)
「自分がおかしいのかな〜」と思いながらぼーっと観ておりました。
あのときの自分の脳は限りなく脳死に近かったと思います。


オランダは、昔のチームを知らないので、あまり言えないのですが、
どうも興奮しないサッカーだったことは憶えています。
ファンブロンクホルストも、バルサにいた頃の知的な(としか自分には形容できない)守備や
フィードはあまり見られなかったような気がします。


昔のオランダ、ブラジル、クライフのチームなどで、90分全てを収めたDVDなどは
ご存知ありませんか?
(amazonでは有りませんでした。。。)


監督のスーツや優勝セレモニーの演出ばかりが派手になっていった微妙なW杯でしたが、
個人的に中村憲剛選手は素晴らしかったと思っています。(20分間だけでしたが。。)
あと、次回のブラジルは期待できるんじゃないでしょうか。
今回ドゥンガ体制で負けましたし、ホームの大会ですし、
なにがなんでも華やかなブラジル・フッチボールをみせてもらわないと。

   *

色々調べたりしていたら、こんな時間になってしまったので、とりあえずこの辺で。

自分はあまりコンピュータをやらない人間なので、レスや閲覧も
遅れがちになると思いますが、読ませていただいてますので、
レポ等(もしお時間があれば)書いてください。
練習メニュー(特にバルサの)や、戦術論などにも興味あります。
(未だにTVを観ている時に「あれ、これどうなってるんだ??」となります)


ではでは。
Posted by Mikami Y. at 2010年07月18日 05:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック