いろいろな面から自分なりにサッカーをみようとしてるがなんとなく“ほぼ”バルセロナになっています。ソシオだからしょうがないのです、で何か問題でも?

2007年01月30日

サモラ賞ピント

「サモラ賞」のホセ・マヌエル・ピント、最後に股抜きをされて
3点取られましたが、能力の高さを見せてくれました。
2つの1対1の場面がありました。イニエスタが抜けだした場面と、
最後のおジュリ。どちらの場合も間合いの詰めの早いこと早いこと、
シュートコースをなくすのがうまい。イニエスタには抜かれても
シュートを打たせるコースを完全に切ることに成功している、
抜かれたが…。

ジュリの場合は股を抜かれましたが(抜かれたが…)前者同様コースを
消して、反応の良さが災いし股を抜かれる(抜かれたが)。
エジミウソンのシュートもチャビのシュートもなかなか防ぐのは難しいと
思う。キーパーはザルディフェンスと組んでは「サモラ賞」は取れないはず。
今日のセルタのディフェンスはよくなかったぞ?
やっぱりすごいのかピント?うーん抜かれてたからな〜。
それともセルヒオをヴィクトル・フェルナンデスに取られたのがいたい?

でもおもしろいプレーヤー、観てて楽しいプレーヤーだから好きです。
↓「サモラ賞」のサモラ
FH000014.JPG
posted by とお at 20:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フットボーラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32431770

この記事へのトラックバック