いろいろな面から自分なりにサッカーをみようとしてるがなんとなく“ほぼ”バルセロナになっています。ソシオだからしょうがないのです、で何か問題でも?

2008年04月28日

07-08 Deportivo vs Barcelona

デポルティボ対バルセロナ。

久しぶりにちょっと。
何戦から書いていないかな?ユナイテッド戦、エスパニョール戦、レクレアティーボと書いていないかな。書きたいことはたくさんあるのですが、勝てるゲームを引き分け、なんだかしょうがないものをみせられると、面倒くさくなってしまう。

ユナイテッド戦は点が取れなかったがバルサがやりたいポゼッションフットボールを展開できていたと思う。選手から闘争心という、もう忘れかけていた気持ちがずんずん伝わってきた。どこか冷静というか冷めている感じが今シーズンのゲームで目立っていただけに新鮮さがあった、今さら、であるが・・・
ユナイテッドとしてはイングランドにこういうチームがいないから、やりにくいのであろう。イングランド選手の足技は下手な部類に入るから、ポゼッションをするゲーム展開はないのだろう。プレミア特有の行ったり来たりを繰り返すゲーム展開にならなければ、オールドトラフォードで十分に勝てると思えたゲームだった。

で、デポルティーボ戦。
スタメンを見て、ライカールトは完全にリーガを捨てて、チャンピオンズに絞ったなと。イニエスタなど出場停止の選手はいたが、明らかに中盤の選手は即席だ、彼らでゲームは創れるのかい?と言いたくなってしまう。せめてデコをスタメンで使ってください。
デポルティーボは4連勝しているだけあって、スタジアムの雰囲気がいい。バルサ戦だからか満員でもあるし。いいなぁっと思った。
デポルティーボの特徴(このゲームだけを見てのもの)はロティーナらしく、激しいディフェンス。スリーバックとワイドに開くウイングバック。中盤を厚くして、前線からのプレッシャーをかけやすくしている。バルサのようなディフェンスラインでボールを回す機会が多いチームにはちょっとやっかい。リーガにはディフェンスラインでボールを回してゲームを創るチームが多いので、いい戦術だ。一気に前線にボールを運ぶプレミアのようなチームには弱い戦術かもしれないな。サイドが上がれず5バックのような形になってしまう。ボールを奪っても攻めるのに距離があってウイングバックの体力が続かない。前線の選手に攻めは頼らざるを得ないチームになってしまうかも。それに比べてバルサのようなチームはやり易かっただろう。特に今回の中盤でボールをスムーズにつなげない醜いチームはやりやすかったんだろうな。

で、バルサ。
どうしてザンブロッタに代えてエジミウソンを投入した?どうしてヤヤに代えてデコを入れた?完全に火曜のユナイテッド戦に向けての体を休めよう作戦だ。
前線に飛び出す選手がグジョンセンのみだったら、デポルティーボは守りやすい。どうしてヤヤはあのポジションを任されたのに前線に飛び出さないのだ?どうしてジオバーニはボールをあずけた後、スペースに走らないのだ?足元、足元でもらおうとするから狙われるのだ。足が早いのだからもっと動きで相手をかわしてほしい。ジオバーニがボールを持ってサイドで勝負をし勝ったのをあまり見たことがない。まずは足を使って相手を翻弄すべきだと思うのだ。アディオス、リーガです。

それではまたです。

もうひとつアディオスがあった。アディオス、クーマン。やっぱりね。バレンシア歴代最悪成績監督になりました。
posted by とお at 02:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フットボール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック