いろいろな面から自分なりにサッカーをみようとしてるがなんとなく“ほぼ”バルセロナになっています。ソシオだからしょうがないのです、で何か問題でも?

2008年07月23日

バルセロナ、行く人来る(た)人。

バルセロナがスコットランドでキャンプをしはじめ、早1週間。明日7月24日、ハイバーニアンと2年連続になるプレシーズンマッチ。ここで、現時点で出てった人、来た人、もしかしたら来る人、どっかに移籍しちゃうだろう人。

来た人。
A.HLEB (噂どおりに、バルサ初ベラルーシ人選手)
D.ALVES (これまた噂どおりに)
S.KEITA (バルサ初、マリ人選手)
G.PIQUE (まさか戻ってくるとは)
M.CACERES (ファイターに出場機会がまわってくるかな?オレゲルのように使われる可能性あり)
HENRLQUE.A (エンリケ・アドリアーノ、そのままレバークーゼンにレンタル)

もしかしたら来る人
A.ARSHAVIN (エトーが放出できたら資金ができる)
D.SILVA (同じ)
E.ADEBAYOR (同じ)
R.PALACIO (ずっと噂があり、ガンペールカップでボカと対戦することも考えれば今夏はなくても、冬にあるかな?)

出てった人
EDMILSON (移籍金ゼロでビジャレアル)
DIMAS.D (ヌマンシア)
GIOVANI (スパーズ)
G.ZAMBROTTA (ミラン)
DECO (チェルシー)
L.THURAM (未定)
S.EZQUERO (知らない)
RONALDINHO (ミラン)
OLEGUER.P (アヤックスでガブリとチームメイト)

移籍しちゃうだろう人(しないと困る)
ETO'O (資金源になるか戦力外として残るのか)
M.CROSSAS (ペップに移籍をすすめられる)

CFにボージャン、アンリと並べる選手がもう一人ほしい。

それではまたです。

いま、スカパーでやっているツール・ド・フランス第17ステージはアルプスステージで、非常におもしろい。
「エコ割」でヨーロッパへ
posted by とお at 22:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

7月6日不信任案否決 その後

今日、7月14日にバルセロナから何やらお手紙(?)が。
fusinnin.jpg
「新シーズンへのご挨拶を兼ねた、ガンペールカップの案内状かな?」なんて思いながら、封を開けました。中身は7月6日に行なわれた、不信任投票のご案内でした。

「今頃かいっ!しかも、日本に送っちゃったのかい!」と言いたくなってしまった。郵便事情を考えれば、不信任案があってから書類作成(カタラン語、スペイン語、英語、中国語、韓国語、日本語他への作成)で2週間ほどかかり、発送して日本到着におよそ1週間以上(?)かかるだろう。6月17日の役員会議で不信任投票の実施を決定したのだから、すべのソシオへの発送は6月中に終わったはず。発送してくれるのはありがたいが、外国に住んでいるソシオに送ることはどう考えてもおかしいぞとおもってしまった。

で、書類を読み進めたら興味深いことが書いてあった。もし、不信任が可決されていた時どうなるか?“このこと”のお知らせのために書類を作成したのかもしれない。

クラブ規約とカタルーニャ政府スポーツ規約に基づき、不信任案が可決された場合、自動的に役員会の機能を停止され、役員会に代わる代行委員会が結成されます。この委員会は役員会に託されていたクラブの運営、行政さらに代理業務を行なうことになります。しかしこれはクラブの通常活動の維持、またクラブの利益の保護に関わる行為に限定されます。その主要な機能は新たな役員会を立ち上げるための選挙の招集であり、新役員会は3ヶ月以内にしかるべき執行の手続きをとることになります。

また、不信任案が否決された場合、2006年8月に選出された役員会が引き続き任務を執行いたします。

FCBARCELONA不信任案投票実施より一部抜粋


投票の結果、2006年8月に選出された役員会が引き継いだわけですが、60%を超える不信任投票に責任を感じた(?)役員が8人も辞任してしまいました。その中によくテレビに映るマルク・イングラ、日本の遠征によく帯同していたソリアーノもいました。ラポルタはこの騒動を受けて、クライフを幹部に向かえようとしているという噂がたっていないとかいるとか・・・

ちなみにクライフが08-09シーズンからアヤックスの“なんたら責任者”になる予定でしたが、ファン・バステン監督との意見の対立から辞退したというのがありました。実はコレ、「FOOT!」でおなじみの幸谷監督によると意見の対立などではなく、クライフがアムステルダムに住みたくないというのが本当の理由らしい。自宅があるバルセロナからの通勤をアヤックスに却下されたのが理由。

まぁ何はともあれ、「クラブ規約とカタルーニャ政府スポーツ規約に基づいて」民主的に実行されているのはすばらしいか〜。

VISCA BARÇA!
VISCA Catalunya!
あってる?

それではまたです。
「エコ割」でヨーロッパへ
posted by とお at 02:06| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

7月6日不信任案否決

7月3日にバルセロナからこんなメールが。
fcb.jpg
カンプ・ノウへ投票へ行こう!
「投票に行こう!」キャンペーンにより、7月6日はカンプ・ノウを一日開放。自由にピッチに入れるらしい・・・

行きたかったが、“行きませんでした”。不信任案の規則も何も、あまり知らなかったので、行ったとしても投票よりカンプノウのピッチが目的になる。

現状では不信任に賛成といえば賛成であるが、反対といって不信任案が通ってしまったら、今後のクラブ運営はどうなるのだろう?余計に悪化してしまうのではないかと考えがぐるぐる回って、「ん〜、現状で!」になる。不信任案を出すのも、シーズン終了してからすぐの方がいいんじゃないのかな(時期は今と決っているのかもしれないが)?

今回の投票には39389人(全会員は15万くらいだから3分の1くらい?)が参加したそうです。結果、不信任に23870人、信任に14871人。
「あれ!過半数越えだから、不信任じゃないの?」と思いそうですが、クラブ規約では不信任投票有効率を66.6%上回らないとダメだそうです。これによりラポルタ政権は任期の2010年まで継続。
参照:fcbより

66.6%って無茶な数字だが、今回は60%越え。かなりの人が今のラポルタに不快感を持っているのだなと思った。こういう不信任案がでないようにグァルディオラをいち早く監督に就任させたり、補強を迅速に行なっていたのかな?だろうね。

今回は投票に行くのは“やめた”が、2010年の会長選挙には行かないとな〜。

それではまたです。
fcb
 シティカード
posted by とお at 02:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

バルセロナ獲得希望選手

EURO2008を観戦しているせいで、一日のバランスが崩れに崩れている。EUROばっかで、バルセロナの近況にも疎くなっているようです。会長、役員の不信任案がでたみたいだけど、どうなったのかな?また、表舞台にサンドロ・ルセーが帰ってきたようだけど、何をやってるの?バルセロナからメールのお知らせで、来シーズンのプレマッチ、「ガンペール・カップ」の日程と対戦相手が決ったようだ。こんな曖昧な情報しかない。だから、せめて出て行く選手と獲得選手の整理。

08-09に向けた獲得選手はカセレス、ピケにケイタ。それにダニエウ・アウベス(決ったか?)、ディフェンスばっかりだな。Bからまたしても、バリエンテを上げない気かと思ってしまうディフェンスの補強ぶりだな、放出するのかな。今のところ、出て行く選手の方が多い。

出て行く選手。
ザンブロッタ(ミランへ)
ジオバーニ(スパーズへ)
エジミウソン(ビジャレアルへ)
エトー(?)
ロナウジーニョ(ミラン?)
エスケーロ(?)
デコ(インテル?)
テュラム(パリ?引退?)
ディマス・デルガド(ヌマンシアへ)

テュラムが引退の危機にさらされているらしい。パリSGとの移籍交渉の際、メディカルチェックで心臓に異常発覚。1ヵ月後の診断結果で、引退か続行かを決めるようです。
あのフォエ以来、トップレベルでプレー中に心臓発作で亡くなる人を何人か見てしまっているので、酷かもしれないがテュラムには引退してほしい。フットボールよりも命の方が大事だと思うから。

バルセロナが獲得をするのではないかと噂の選手。
アルシャビン(ゼニト) “Te Quiero, Barca.”と言っている。
フレブ(アーセナル) 争奪戦が激しく難しそう。
ピルロ(ミラン) フレブが取れない場合。
エンリケ・アドリアーノ(パルメイラス) 

メディアの噂。
ベンゼマ(リヨン)
マリオ・ゴメツ(シュツットガルト)
セルヒオ・ガルシア(サラゴサ)
ラキティッチ(シャルケ)
フンテラール(アヤックス)
モウチーニョ(スポルティング)
グイサ(マジョルカ)
など。

グァルディオラはボージャン、アンリ(構想に入っているのか)に割ってはいる9番がほしいようだ。ビジャという噂もあるが、無理だろうな。とりあえず、Bにも即戦力になるバリエンテと2人のヴィクトル、ペドロがいるのを忘れないで。

それではまたです。
@nifty
posted by とお at 06:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月21日

Barcelona B

EURO2008をみている間、バルサBはテルセラディビシオンのプレーオフを戦っていました。07-08のバルサBの至上命題はセグンダBへの昇格でした。6月15日、バルサBはバルバストロに勝ち、セグンダBへの昇格を決めたようです。
segundab.JPG
ペップは結果を残し、次期監督のルイス・エンリケにバトンを渡せました。しかし、ルイス・エンリケが監督としてバルセロナに戻ってくるとは思わなかった。引退してから、いろんな所でマラソン大会に参加している印象しかなかった。しっかり、ライセンスを獲っていたのか?そういえば、某ワールドサッカーダイジェストに元ドリームチームの選手達が揃って講習会に参加している記事が載っていたっけ(すごいメンバーなので印象に残っている)?何てのを思い出し、ルイス・エンリケもその記事で紹介されていたという記憶も無きにしもあらず。監督をするなら、出身のスポルティング・ヒホンからかと思っていた。いきなり、ペップと同じように注目される所から監督をスタートさせるのはやっぱり元選手の特権か(代表監督からはじめちゃう人もいるけど、代表は素人でもつとまる)?

来シーズンから「バルセロナ B」改め、「バルセロナ・アスレティック」になるそうです。それで、来シーズンの目標はセグンダAへの昇格。バルサBがセグンダAで戦っていたのは・・・いまや10億円監督となったファンデ・ラモスが落として以来だ(たぶん・・・)。しかし、監督が年俸10億円というのは、「どうなのかな?」と思ってしまう。
といことで次はEUROの監督16人について、書きたいと思います。

それではまたです。

先日、スカパー!のJ sportsで放送している「FOOT!」という番組の公開収録に行ってきました。このこともまた次に。
posted by とお at 03:02| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

バルセロナの獲得選手

ビッグイヤーを会場に運ぶ大役は決勝の地ゆかりの人らしく、昨シーズンはギリシャのザゴラキス。今シーズン、ビッグイヤーを担いできた人は懐かしいリナト・ダサエフでした。レフ・ヤシン以来(たぶん)、ソ連が生んだ最強ゴールキーパーでした。EURO88で、ファン・バステンにスーパーボレーを決められちゃったゴールキーパーって、知ってるか・・・

で、バルサはそのダサエフが所属していたセビリアから、セイドゥ・ケイタを獲得。エジミウソンがヴィジャレアルに出て行ったのでその代わりに獲った感じ。来シーズンの監督ペップ・グァルディオラの意見は受け入れられているのかな?とちょっと心配。今はバルサBが2部B復帰をかけたプレーオフを戦っているからそれどころじゃないか。チキ・ベギリスタイン主導で獲得したようだけれど。監督は与えられたコマで、結果を残さねばならないからしょうがないから、しょうがないか・・・

uefa.comを見ていたら、また懐かしい名前が。バイエルン他で活躍していたブルーノ・ラバディアがレバークーゼンの監督に就任していた。バイエルンからどっかに移籍して、それ以来まったく見かけることはなかった、久しぶりに見る名前。現役時代を知っている選手がどんどん監督になっていくのはうれしいやら、悲しいやら?ブルーノラバディアって名前、やっぱりかっこいいな〜。

それではまたです。
posted by とお at 23:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月13日

バルセロナ下部組織

バルセロナの下部組織について。
バルセロナの下部組織は年齢別に細かく分かれている。実力があると判断された選手は飛び級で上のカテゴリーを行き来する選手がいる。今のボージャンのように。

Barcelona B
Barcelona C (1969-2007までで消滅)
Juvenil(フベニール)A「U-18」
Juvenil(フベニール)B「U-17」
Cadete(カデーテ)A「U-16」
Cadete(カデーテ)B「U-15」
Infantil(インファンティル)A「U-14」
Infantil(インファンティル)B「U-13」
Alevin(アレビン)A「U-12」
Alevin(アレビン)B「U-11」 ここから11人制
Benjamin(ベンハミン)A「U-10」 7人制
Benjamin(ベンハミン)B「U-9」 7人制

ベンハミンカテゴリーが7人制だとは知らなかったです。ベンハミンからアレビンカテゴリーに上がって、11人制とフットボールの戦術を経験するするそうです。ベンハミンカテゴリーは1対1、テクニックに重点を置く。

今、下部組織で期待されている選手。実力があると判断されカテゴリー間を行き来している選手はフベニールAに所属している、ガイ・アスリンとティアゴ・アルカンタラ。フベニールA、バルサB、バルサトップチームをすでに経験している。僕は個人的にティアゴの方がトップチームに上がってくるのではと思っています。何せあのマジーニョの息子だし、テクニックがあるから。

それではまたです。
cantera.gif
FCB
BarcaTV Online
人気blogランキングへ
@nifty
posted by とお at 00:52| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

Barca B

シーズンオフの話題はなんといっても移籍情報。
コパ・アメリカなんてほとんど見ない。「どこでやってるの?」
「ベネズエラだってさ」「ふ〜ん…えっとマジョルカの怪人の…」
「名前が出てこない」、このくらいにしか考えてません、コパ・アメリカは。
終わって、すごい若手がいたら盛り上がるくらい、そのくらいの位置
コパ・アメリカは。
ワールドユースも同じポジションにある。若手は気になりますが。

で、バルサの移籍話。
バルセロナのオフィシャルホームページ(もちろん日本語)を眺めていたら
アンリ、ヤヤ・トゥレが大きく載っているのですが僕がひと際「おお〜!」
「よくぞ!」「お帰りなさい〜!」と思ったのがありました。
来期のバルサBの監督として「ペップ・グアルディオラ」が帰ってくるというもの。
某雑誌の「ワールドサッカーダイジェスト」に噂として書いてあったのですが
現実になるとは思ってもみなかったのでちょいとうれしい限りです。
来シーズン、ペップを観に最後のミニ・エスタディ観戦にモチベーションが上がるのでした。

バルサBが出てきたので、また載っていたものを。
昨シーズンバルサの下部組織(Bも含む)からトップデビューをしたのが
ボージャン(ボヤンなの?Bojanってセルビアの名前らしいからボヤンだな)
を筆頭に11人もいるらしい。その多くがコパ・カタルーニャでデビューを
飾っているみたいです。準決勝と決勝のビデオが録画したまま見てないので
これから見てみようと思います。そこで気になった選手を次回から
紹介しようと思います。気になった選手を。

移籍話をしたので(といってもアンリ、ヤヤが来ると書いただけだが)こんな画像を。
jikoukana.jpg
昔、フィーゴが移籍したときペセテロと呼ばれ、スタジアムでよく見かけたお札柄フィーゴ。
もう、7年たって時効なので、僕は許します。勝手に時効判子を押しました。

それではまたです。
最近「時効警察」を見すぎてしまいました。だから時効判子。

http://www.fcbarcelona.com/web/index_idiomes.html
バルサのオフィシャルホームページ↑
http://www.wsdnet.com/EXTRA/extra_index.html
ワールドサッカーダイジェストのページ↑
http://www.tv-asahi.co.jp/jikou/
↑時効警察オフィシャルホームページ
http://www2.raisport.rai.it/news/sport/calcioestero/200010/27/39f9577b00cbc/
もう「antifigo.com」がなかった…やっぱり時効?でもなぜRaiに?
posted by とお at 02:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

FC BARCELONAの話

僕はバルセロニスタです。ソシオであります。ソシオの方いませんか?
今年は念願かなって初めてカンプ・ノウに行くことができました。
そこで幸運にも何試合か観戦することができました。
チケットが高かったのが痛かったです、現在のヨーロッパは物価が高い。
貧乏旅行者にとってヨーロッパの物価の高さは想像以上でした。

で、本題。聞いたお話をひとつ。
「キャプテン翼」を読んでいる人は知っていると思いますが
翼君は現在バルセロナに所属しています(はず?最近読んでないから)。
翼君がバルセロナの2軍チーム(バルセロナB)に落とされたとき
カンプ・ノウに隣接するミニスタディで公式戦を行っていました。
僕は幸運にもこのスタジアムでバルセロナBとバルセロナCのゲームを
観戦することができました。スーパースター候補生を直に観る目的で。
当初の目的のジョバニ・ドス・サントスは
怪我をしていたらしく観られなかったが(かなり近い席のスタンドで観戦してたらしい!後で聞いた!)。
小さなスタジアムで戦う彼らには感動すら覚えました。

で、本当の本題。
このミニ・スタディ、2年後に取り壊して土地を売るらしい。
その売った資金でカンプ・ノウを拡張工事、観客席増設だそうです。
かつて、レアル・マドリーが練習場の土地を売って借金返済。
かつて、エスパニョールがサリアスタジアムの土地を売って借金返済。
今回、バルサがミニスタディの土地を売って借金返済…じゃなくてスタジアム観客席増設!
これが第2期ラポルタ(バルセロナの会長)政権の最大プロジェクトだそうです。

そこで僕が問題にしたいのは翼君に戻って。
キャプテン翼にはこんなことが書いてあったはず(記憶が定かじゃないが)
ミニスタディとカンプ・ノウは橋でつながっている。
ミニスタディでプレイするバルサのB、C選手は「近くて遠いカンプ・ノウ」
を目指して日々努力をしている(って感じなことが書いてあった?)。
モチベーションが否が応でも上がりまくっちゃう。
それが「遠くて遠いカンプ・ノウ」になっちゃうんだなこれが。
もう遠いスタジアムあるらしいです、行ってないからわかりませんが。
カンプ・ノウから5,6キロだったかな?
練習場も何面かあってなかなかいい環境の施設が。
フベニールとか下部組織の試合はもうそこでやっているらしいです。
実際に見ていなくて聞いた話なので「らしい、らしい」になっちゃいますが。
らしいです。

で、結局、何が言いたいかというと「モチベーションが低下しないかな?」です。
いい選手は気持ちが強い人が多いから、育つか心配。
まぁ、そんなことは考えないで関係なしに彼らはプレイしているのかな?
でも遠いから観客が少なくなるのは間違いない。それでいいのか?
いいのか、いいんだ、きっと。
彼らには関係ないのだ、モチベーションは「カンプ・ノウ」だけじゃないのだ。
ただ、フットボール(サッカーとはあえて書かない)がうまくなりたいだけなのだ。
そう思うことにした。
以上、聞いた話「ミニスタディがなくなるよ、2年後に」でした。

それではまだです。
posted by とお at 02:40| Comment(0) | TrackBack(0) | バルセロナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする